◆ロケーションライブラリ検索・・・キーワードを入力してください
舞台挨拶のお知らせ【映画「KOKORO」】

島根で撮影されました映画『KOKORO』が、いよいよ今週末に全国公開となります。

公開初日を記念し、11月4日(土)キャスト&監督にて舞台挨拶が決定しました‼

お近くにお越しの方は、ぜひご覧いただければと思います。

 

●日時:11月4日土曜日 11:00~の回上映後

●場所:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5)

●登壇者:國村隼、安藤政信、門脇麦、ヴァンニャ・ダルカンタラ監督(予定)

●HP:http://www.kokoro-movie.jp/ (公式HP)

チケットはチケットぴあにて発売中です!(http://t.pia.jp/cinema/

************************************************************

映画「KOKORO」は、島根県隠岐の島をメインロケ地に

松江市でも撮影が行われた、ベルギー・フランス・カナダの合作映画です。

フランスと日本を舞台に、心に傷を負った人間の再生のドラマを繊細に描きます。

 

主演はフランスの女優、イザベル・カレさん。

公開初日には、日本側キャストとしてご出演された國村隼、安藤政信、門脇麦さんが登壇されます!

 

(あらすじ)

夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、旅に出ていた弟ナタンが戻ってくる。

彼の語る言葉には、日本で生きる意欲を見つけたとのものだった。

しかし数日後、彼は突然この世を去ってしまう。

弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた日本に何かあると、ひとり日本へ旅立つのだった。

 

ナタンの残した言葉を頼りに、弟の足跡をたどっていくアリス。

そこで彼女は、海辺の村に住む元警察官ダイスケと出逢う。

彼は飛び降り自殺をしに村の断崖を訪れる人々を、そっと思いとどまらせているのだった。

 

求めすぎず、静かに傷をいやすことのできるその場所に、アリスはどこか安らぎを感じる。

そしてダイスケをはじめとするジロウ、ミドリ、ヒロミ、ハルキら出会った人々を通じて、いつしか生きる意味に自然と気づき、

次第にアリスは回復してゆく。

 

(監督プロフィール)

ベルギー生まれ。ブリュッセル映画学校にて映画製作を、ニューヨーク大学にて脚本を学ぶ。

2006年短編監督作品「Granitsa」は、数々の国際映画祭にて上映される。

長編監督デビュー作「荒野の彼方へ Beyond the Steppes」(10)はロカルノ国際映画祭コンペティションに出品、

マラケシュ国際映画祭で審査員特別賞受賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011で監督賞を受賞している。

 

 (予告編動画)

https://youtu.be/c-oNvaKyA_E  


松江フィルムコミッション協議会
構成団体/島根県観光連盟・松江市・松江観光協会・松江市観光振興公社・松江商工会議所
〒690-0886松江市母衣町55-4(松江商工会議所内)TEL:0852-32-0504FAX:0852-23-1656

copyright(c)2006 matsue film commission
当ホームページの内容を許可なく複製・転載することを禁止します