◆ロケーションライブラリ検索・・・キーワードを入力してください
11/5 Ray Yamada新曲「えにしのうた」発売のお知らせ

縁結び観光協会「縁結びの日」記念ソングとして

Ray Yamadaさんの曲「えにしのうた」が 11月5日に島根県先行発売となります。

松江フィルムコミッションでも、PV制作の支援を行いました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=6w9_8cAAO8A (予告版動画)

 

http://www.msrecord.co.jp/mse/ray/ (公式HP)

 

リリースを記念し、当日はミニコンサートが開催されます。

雄大な宍道湖を背景に、記念イベントをお楽しみください。

 

日時:2017年11月5日(日) 12:30~13:10

会場:島根県立美術館1階ロビー

出演:Ray Yamada(vocal)、今村さつき(piano)、スペシャルゲスト SouMa氏(立体切り絵作家)

料金:観覧無料

**************************************************************

[Ray Yamadaさんコメント]・・・公式HPより

 

2013年のデビュー後、日本全国津々浦々でライブを行う中で、ご縁あって

山陰でのライブも数多く実施して参りました。

2015年9月島根県松江市にある美保神社奉納ライブにて奉納(初披露)した

書下ろし曲「えにしのうた」を2年の時を越えて音源化し、「いいご縁の日」にリリース致します。

 

デビューから4年が経ちました。その中で出会った山陰の美しい自然と人々。

そこにはたくさんの想いやドラマがあります。

 

美保神社での奉納ライブのために書き下ろした「えにしのうた」は

嫁が島の伝説からインスピレーションを受けて作った曲です。

その伝説は とても悲しいお話でした。

 

世の中には、複雑な人間関係や、抜け出したくなるようなものも存在すると思います。

そういう中で、そのご縁を今一度見直すことをこの物語が教えてくれている気がしました。

 

そしてもう1曲収録される「神の雫」は、2014年、東京・神田明神にて開催された

大江戸日本酒祭りにて書き下ろした楽曲です。

この曲は、日本酒をテーマに書いた曲です。

 

日本酒は他のお酒と違い、江戸時代からその作り方が変わらないそうです。

そんな日本酒の造り手である杜氏さんの想いと、

日本酒(=神の雫)をいただく私たちの気持ちを描きました。

 

人生の節目には、いつも神の雫がある。

それぞれの人生に照らし合わせながら聴いていただきたい作品です。

 

「えにしのうた」を初披露した場所、そしてまさに「ご縁」の国である

島根県で先行してリリースし、そこから全国へ、ご縁を紡いでいく作品となります。

 

是非お手に取ってお聴きください。


松江フィルムコミッション協議会
構成団体/島根県観光連盟・松江市・松江観光協会・松江市観光振興公社・松江商工会議所
〒690-0886松江市母衣町55-4(松江商工会議所内)TEL:0852-32-0504FAX:0852-23-1656

copyright(c)2006 matsue film commission
当ホームページの内容を許可なく複製・転載することを禁止します