松江フィルムコミッション

放送予定のお知らせ【ヒロシマ~希望の絵~焼け野原に見た“夢”】

●番組名:ヒロシマ 希望の絵~焼け野原に見た“夢”

●放送日:8月28日(日)ひる 13時05分~13時48分

●放送局:NHK総合テレビ(中国地方向け)                                                                 

●HP:http://www.nhk.or.jp/hiroshima/hibaku71/program/program_09.html

 ******************************************************************

 

「初めての香り・・・これがアメリカの香りだと思った」

 

1947年、爆心から350mの本川小学校に、

アメリカのGHQ職員と牧師からクレヨンなど文房具が贈られた。

 

物資が乏しく、窓もない校舎で学ぶ子どもたちにとって、それは、夢のようなプレゼントだった。

 

今回紹介するのは、子どもたちが贈られたクレヨンなどで描いた絵。

「お礼に」とアメリカに送られたものだ。

その数、91点(絵画・72、書・19)。

現在もワシントンD.Cにある教会とハワイの日本文化センターに保管されている。

 

描かれているのは、校庭に咲くコスモスをバトン代わりに走った

運動会の様子や桜の木の下で家族そろって弁当を食べる風景。

 

どの絵にも「ようやく訪れたささやかな幸せを感じる日常」が色鮮やかに描かれ、

"夢"と"希望"にあふれている。

 

番組では、実際に絵を描いた人たちの証言で当時を振り返りながら、

焼け野原に復興を夢見た子どもたちの心情を見つめる。

戦後まもない、爆心近くの学校で、子どもたちが何を思い、何を見ていたのか。

 

※番組内で紹介される絵を幼少期に描かれた

古沢さん(現在、松江市内にて老人福祉施設「グループホーム野の花」経営)は

その後、この絵が発見されたことをきっかけに、原爆の語り部として活動をなさっています。

 今回、松江市内のロケでは、古沢さんが松江市内のお子さんたちに

読み聞かせ等を行われているシーンを撮影しました。

その様子が、番組内の一部として放送されます。

 

被爆71年目。番組を通して、家族そろって“戦争”について考えてみませんか。

 

<< 戻る

映画クレマチスの窓辺
島根観光ナビ
縁えにし
神在月のこども
Railways
高津川
松江観光協会公式サイト
島根フィルムコミッションネットワーク
パンフレット

運営

松江フィルムコミッション協議会
[事務局]
〒690-0886
松江市母衣町55-4(松江商工会議所内)
TEL:0852-32-0504
FAX:0852-23-1656
Mail:kanko@matsue.jp
Copyright© copyright(c)2020 matsue film commission
当ホームページの内容を許可なく複製・転載することを禁止します