松江フィルムコミッション

モナコ国際映画祭・最優秀主演男優賞&最優秀撮影賞)をW受賞‼【映画「いざなぎ暮

松江市美保関町を舞台にした地域発信型映画『いざなぎ暮れた。』が

モナコ国際映画祭において

ベストアクター賞(最優秀主演男優賞)&

シネマトグラファー賞(最優秀撮影賞)を

W受賞しましたのでお知らせいたします!!

 

毎熊克哉さんと武田梨奈さんがW主演を務めた

映画『いざなぎ暮れた。』は

2020年2月21日(金)より開催されているモナコ国際映画祭で

最優秀主演男優賞にあたるベストアクター賞(毎熊克哉)と

最優秀撮影賞にあたるシネマトグラファー賞の

主要部門 2 冠を受賞しました。

 

映画は、太古から続く諸手船神事(もろたぶねしんじ)が行われ

“ 神様に一番近い港町 ” と呼ばれる

島根県松江市美保関町を舞台とする

ロードムービー。オール美保関ロケにて制作。

崖っぷちの男・ノボルが、親戚から金を奪うため、

恋人のノリコとともに

美保関町にやって来ることから物語が展開していきます。

 

愛とノーバイオレンスが同映画祭のテーマであるにも関わらず、

ブラックな作風と舞台挨拶で見せた武田さんの正拳突きは、

会場で大きな喝采を浴びました。

出品される作品の資本による協賛金がオープンになっていることで

話題にのぼることもある同映画祭で、

初出品・協賛金ゼロでの主要部門二冠は

その実力を証明する形となりました。

 

<主演 毎熊克哉さん(ノボル役)コメント>         

モナコに行くことが出来ずに残念に思っていましたが、

まさかこのような賞を頂く事ができて光栄です!

小さな街で少ないスタッフ、出演者で走り回って撮った作品です。

特に武田さんとはパートナーなので、一緒に頂いたものだと思います。

撮影の原さんも、おめでとうございます!

これから都内での公開もひかえているので、励みになります。

 

<主演 武田梨奈さん(ノリコ役)コメント>

映画祭が終わった後、一人の審査員が私に声を掛けてくれました。

“あなた達は映画の中でちゃんと生きていた。

作りものとは思えなかった。本当に感動した。”

と涙ながらに伝えてくれました。

毎熊さん演じるノボルくんの存在があったから、

私もノリコとして生きられました。

最優秀主演男優賞おめでとうございます!

そして、我らが撮影部の原さん、体を張って

撮ってくれてありがとうございました。

最優秀撮影賞おめでとうございます!

 

<脚本・監督 笠木望監督 コメント>

審査員と参加者の幾人かに君の作品が

ベストだという言葉をいただいて

最高の気持ちでした。

都市と田舎の対立が背景にあるこの物語が、

最先端都市モナコの映画祭で認められたことは

本当に意義深いことだと思います。

松江市の皆さん、関係者の方々そして

すべてのキャストとスタッフに感謝しています。

これから都内での公開も控えているので励みになります。

 

※モナコ国際映画祭は、

 モナコのモンテカルロで 2003 年から開催されている

 非営利、無党派、インディペンデントの国際映画祭

<< 戻る

映画クレマチスの窓辺
島根観光ナビ
縁えにし
神在月のこども
Railways
高津川
松江観光協会公式サイト
島根フィルムコミッションネットワーク
パンフレット

運営

松江フィルムコミッション協議会
[事務局]
〒690-0886
松江市母衣町55-4(松江商工会議所内)
TEL:0852-32-0504
FAX:0852-23-1656
Mail:kanko@matsue.jp
Copyright© copyright(c)2020 matsue film commission
当ホームページの内容を許可なく複製・転載することを禁止します